読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごらくらいふ

プログラミングしたりゲームしたり

あるマスタから順不同に取り出した要素2件を組み合わせ、意味を持たせるときのテーブル構造

※ながめだよ

先日、PSStoreのセールにつられて「俺に働けって言われても乙 HD」を買った。 ほんのりプレイしていたところ、『このデータを表現するテーブルはどんな構造だ?』と気になったので考えた。 考えたので残すことにした。

経緯

ゲームシステムのひとつに「施設建設」というものがある。 武器屋や採掘場を建設し、新しい武器の開発や素材生産で冒険をサポートするのだ。

さらに、特定の施設を隣接させると「シナジー効果」が発生する。 武器屋の隣に鍛冶屋を建てれば「武器の性能が5%UP」する、といった具合だ。

このシナジー効果、建物によって発生したりしなかったりする上、UI上の問題でシナジー効果の確認が少々面倒くさい。 ので、スプレッドシートにメモを取ろうとしたところ、どういう構造なのか疑問を持った。

テーブル考察

RDBのテーブルとして定義した場合を考える。これは趣味だ。

(KVSとかドキュメントストアの考え方知りたい)

前提情報

状況

すでに武器屋が建設済みで、その隣に鍛冶屋を建設するという状況で進めていく。

マスタ

施設と効果について、以下のようにマスタが区切られている。 IDカラムは主キーである。

施設マスタ

ID 施設名
1 武器屋
2 防具屋
3 道具屋
4 鍛冶屋

効果マスタ

ID 効果内容
1 武器の性能が5%UP
2 施設維持費300J/日
複合主キー?サロゲートキー

前述のマスタに登場するIDカラムを除き、主キーを明言しない。

パターン1:とにかく最小で必要なレコードを追加したパターン

シナジー効果

施設ID1 施設ID2 効果ID
1 4 1
1 4 2

とりあえず作りましたパターン。 効果マスタのJOINはするかしないか流派があるので割愛するが、必要となるSQLは以下のような感じだろうか。

SELECT * FROM シナジー効果 WHERE 施設ID1=4 AND 施設ID2=1;
-- 最小で必要なレコードしかないため、施設IDを入れ替えての確認もする
SELECT * FROM シナジー効果 WHERE 施設ID1=1 AND 施設ID2=4;
所感
  • アプリケーション側が2度SQLを発行するのが喧嘩の種になりそう
  • 効果IDが同じで、施設IDが入れ替ったレコードがさらに追加される危険がある
    • 効果IDをユニークにしてしまう対策
      • 施設維持費加算の効果レコードが、対象の施設ごとに必要になる
    • 施設IDが小さい方が常に施設ID1になるようデータ登録する運用対策
      • コード側での比較処理が必要
      • 負担は減る
      • 間違って登録したときに、施設ID1に大きなものが入ってることを認識していないと、調査が困難
        • 間違って登録してしまうのに、調査で間違いに気づけるかどうか……
        • 「とりあえず正しいレコード足しとけ」で解決はできる

パターン2:コードの簡素化を優先し、似たようなレコードを登録したパターン

シナジー効果

施設ID 隣接施設ID 効果ID
1 4 1
1 4 2
4 1 1
4 1 2

これから建設しようとしてる施設と、建設済みの施設が明確なことから、実装作業の簡素化を目的にテーブル側に苦労させるパターン。 SQLは一度だけ実行すれば良いのでシンプル。

SELECT * FROM シナジー効果 WHERE 施設ID=4 AND 隣接施設ID=1;
所感
  • 登録作業がめんどくさそう
    • 登録補助がないとやりたくない
    • 管理画面なり表計算ソフトなりでのサポートさえできればよくある選択肢ではないだろうか

パターン3:効果IDを主体にするパターン

シナジー効果

効果ID 施設ID
1 1
1 4
2 1
2 4

組み合わせに順番なんか必要ないという発想を体現したパターン。SQLはちょっと豪快。

SELECT DISTINCT
    シナジー効果.効果ID
FROM
    シナジー効果
    INNER JOIN シナジー効果 AS temporary
        ON シナジー効果.効果ID = temporary.効果ID
        AND temporary.施設ID = 1 --隣接施設ID
WHERE
    シナジー効果.施設ID=4
;

-- あるいは

SELECT
    効果ID,
    COUNT(*) AS RecordCount
FROM
    シナジー効果
WHERE
    施設ID IN (1, 4)
GROUP BY
    効果ID
HAVING
    RecordCount > 1
;
所感
  • 仕様に胡座をかいてる感がある
  • 効果を使い回すことができなくなるので、同じ効果だが組み合わせが違うケース1件につきひとつ、効果レコードが必要になる
効果を使い回せない問題

例えば防具と鍛冶屋の組み合わせ。この場合、防具の効果5%UP施設維持費300J/日が発生する。 この内、5%UPを効果ID=3とし、維持費は効果ID=2を使い回そうとして、以下の様なテーブルを作ったとする。

シナジー効果

効果ID 施設ID
1 1
1 4
2 1
2 4
2 2
3 2
3 4

そして次のようなSQLをかけると

SELECT
    効果ID,
    COUNT(*) AS RecordCount
FROM
    シナジー効果
WHERE
    施設ID IN (1, 2)
GROUP BY
    効果ID
HAVING
    RecordCount > 1
;

武器屋と防具屋の間にシナジー効果が発生し、ただ維持費をむしり取られる展開になってしまう。

パターン4:パターン3を発展、組み合わせという概念を定義するパターン

組み合わせマスタ

組み合わせID
1

施設組み合わせ

組み合わせID 施設ID
1 1
1 4

シナジー効果

組み合わせID 効果ID
1 1
1 2

シナジー効果は施設の組み合わせに紐づくため、新たに組み合わせマスタを定義したパターン。 SQLは以下の様になるだろう。

SELECT
    *
FROM (
    SELECT
        組み合わせID,
        COUNT(*) AS RecordCount
    FROM
        施設組み合わせ
    WHERE
        施設ID IN (1, 2)
    GROUP BY
        組み合わせID
    HAVING
        RecordCount > 1
    ) AS 組み合わせ
    INNER JOIN シナジー効果
        ON 組み合わせ.組み合わせID = シナジー効果.組み合わせID
;
所感
  • SQLながい
  • 施設の順番も、余分なレコードも討ち取った